コーヒー関連の資格を取得しよう|目的に合ったものを探すべし

基礎から学べる

バリスタ

コーヒーの基礎から学んで取得できるコーヒーコーディネーターという資格があります。コーヒーについて初心者の人に良い基礎的な学習を行うことができ、それは主に通信講座から自宅で学んでいくスタイルとなっています。

詳しく見る

オススメ記事

記事リスト

バリスタになる

店内

カフェブームとあってバリスタの需要が高まっています。バリスタを目指す多くの人はコーヒーに関する高い知識とスキルが必要なため専門学校やスクールで学んでいます。バリスタの資格であるJBAバリスタライセンスの取得を考慮に入れるなら受験資格が得られるJBA認定校がおすすめです。

詳しく見る

専門家であることを売りに

コーヒー

カフェブームの高まりにともない、コーヒー関係の資格をとる人も増えてきています。趣味としてとる人もいれば、開業や就職など仕事に役立てようとしてとる人もいます。知識や技術を得ることで楽しみ方が深まり、就職や開業の際に売りにできるというのが最大のメリットです。

詳しく見る

カフェを開業するなら

男性

カフェなどでコーヒーを淹れるスペシャリストがバリスタです。日本ではバリスタとして働くための公的な資格はありませんが、それに関わる資格は存在しています。バリスタに関する資格は受験費用は数万円が相場ですが、難易度は高く専門学校や通信講座などを受講するのが一般的となっています。

詳しく見る

趣味としても学べる

バリスタ

コーヒーの資格を取得できる広告は、新聞を初め多くのメディアで目にします。資格を取る為の参加申し込み方法は、ハガキやネットを利用して簡単に申し込みする事が出来ます。何か趣味を持ちたい方や、自己の趣味のレベルを向上させたい方にはお勧めと言えます。

詳しく見る

様々なレベルがあります

コーヒー

自分に合ったもの選ぶ

コーヒーに関連する資格はいくつかありますが、そのなかでも趣味レベルで取得できるものがあれば高度なスキルを持たなければ取ることのできないものなど、その範囲は広くあります。コーヒーは多くの人に愛され飲まれているもので、その知識やスキルを極めたいという人も多くいます。どれも民間資格ではありますが、その資格を持ってコーヒーについての専門家になる人もたくさんいるのです。たとえば、本格的なバリスタになりたいという人に良いバリスタライセンスというJBA認定の資格があります。これを受けるためには受験資格が要され、カフェで1年以上の実務経験がある人、またはJBA認定校のカリキュラムを受けた人でなければ取得することができません。コーヒーのプロになるための資格と言って良く、専門家となって独自のカフェを経営するには良いものになるかもしれません。そこまで本格的なものでなくても、ある程度の知識を持った証が欲しいという人にはコーヒーインストラクター検定というものがあります。その名の通り、コーヒーのついて知識を持ち1級2級とありまして、1級となればコーヒー鑑定士になることができるという資格です。味や香りなど、いろんな人にアドバイスをしながら鑑定することができる知識を習得できた人が得る資格です。そして本気でコーヒーの評価をすることができる専門家を目指すコーヒーグレーダーという資格があります。これは難易度が高く、カッピングや嗅覚のテストまで行われるため初心者は避けたほうが良いものといわれています。他にも様々ありますが、自分自身がどの程度のレベルでの資格を取得したいかを考えて取るのが良い方法となります。

Copyright© 2017 コーヒー関連の資格を取得しよう|目的に合ったものを探すべし All Rights Reserved.